ヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸はムコ多糖体と呼ばれる物質の一種で、私たちの体のいたるところに存在しています。
ヒアルロン酸が存在する量は場所によって異なってきますが、人間でヒアルロン酸が多く含まれる部位は、へその緒、関節、目の中の硝子体、そして皮膚です。
その他にも心臓や血管、脳、卵巣や精液の中にもヒアルロン酸は含まれています。
ヒアルロン酸はとても優れた保水力を持ち、1gあたり6リットルの水を吸収することができます。
この特性を活かして、人間が水分を保つために重要な役割を果たしているのです。

しかし、残念なことに、ヒアルロン酸は年齢とともに減少していきます。
生まれた時が一番多くヒアルロン酸を含んでいるのです。
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在していて、細胞を守る役割も担っています。
最近ではヒアルロン酸が細胞を修復する機能があるとも言われています。
目では目の丸い形状を保つためにヒアルロン酸が重要な役割を担っていますし、関節ではヒアルロン酸が骨と骨のクッションの役割をしています。

そして、ヒアルロン酸は女性にとっては特に重要なのです。
卵巣や子宮に多く含まれており、女性の生理機能の調節を行っています。
更年期障害や生理不順などもヒアルロン酸によって改善されると言われています。
そして、美容にも良い成分だと言われています。
ヒアルロン酸がどのように美容に良いのか、ヒアルロン酸をどのように摂れば美容に効果的なのかを、ご紹介しましょう。



※外部リンク
ヒアルロン酸 → より美容に効果的なように作られた飲むヒアルロン酸を購入できます。

Copyright © 2014 ヒアルロン酸は美容の強い味方 All Rights Reserved.